デパなび東京|関東のデパート・百貨店のイベントや催事を探すならデパなび関東

2020/09/09  11:00

祇園辻利の新商品情報

大丸東京店、東京ソラマチ

一度は食べたい、抹茶のお茶漬けと碾茶のふりかけが誕生。
一番摘み茶葉の色鮮やかな濃緑が白いご飯に映えて、美しい一膳が食卓に。

株式会社祇園辻利(本社:京都市東山区)は、
「抹茶お茶漬け ぱっぱ」と「碾茶ふりかけ ぱっぱ」を2020年9月9日より販売します。


■宇治茶の風味を引き立てる素材との融合

祇園辻利が厳選した宇治茶の風味を引き立てる素材を組み合わせました。
国内産水稲もち米、良質の国内産壬生菜、瀬戸内海産の焼き海苔、鳴門の焼塩、
そして無添加の北海道産の粉末昆布。
絶品の一膳を実現すべく、全ての素材をこだわり選び抜き、絶妙な配分で混ぜ合わせた
「抹茶お茶漬け」と「碾茶ふりかけ」です。

sub6
抹茶お茶漬け
sub7
碾茶ふりかけ


■主役は、石臼挽きの「抹茶」と、抹茶の原料となる「碾茶(てんちゃ)」

碾茶は、お茶を摘む20日以上前から茶園に覆いをかぶせ、日光を遮って育てた新芽を蒸した後、揉まずに乾燥させ、茎や葉脈を除いた葉肉の部分で、抹茶の原料です。
日光を遮って育てる覆下園(おおいしたえん)で育った茶葉は、旨み成分である「テアニン」が多く含まれた茶葉になります。
sub13
抹茶
sub12
碾茶


●古来より薬としても重宝されていたというお茶の効能。
その茶葉をそのまま身体に取り込む飲み物の代表格が「抹茶」ですが、その考え方を現代の食卓に置き換え、ご飯のおともとして誕生したのが「抹茶お茶漬け」「碾茶ふりかけ」です。


<商品詳細>

■販売期間:2020年9月9日(水)~
■価格:各702円(税込)
■内容量:3袋(碾茶ふりかけ9g×3袋、抹茶お茶漬け8g×3袋)
■賞味期限:約180日
■販売店舗:
京都
祇園辻利:祇園本店・京都駅八条口店
茶寮都路里:高台寺店

東京
祇園辻利:東京スカイツリータウン・ソラマチ店
茶寮都路里:大丸東京店

大阪国際(伊丹)空港 旅・SORA 祇園辻利

祇園辻利オンラインショップ
https://www.giontsujiri.co.jp/shop/
※売り切れの際はご容赦ください

sub8
抹茶お茶漬け(外装)
sub9
抹茶お茶漬け(個包装)

sub10
碾茶ふりかけ(外装)
sub11
碾茶ふりかけ(個包装)

●公式SNS

sub1
宇治茶一筋、京都祇園にお店を構えて72年の「祇園辻利」と、良質な宇治抹茶を贅沢に使った抹茶スイーツをご提供して42年「茶寮都路里」の公式SNSです。
商品や最新メニュー、祇園の風景などをアップしていきます。たくさんのフォローやいいねをお待ちしています。
■Facebook
https://www.facebook.com/giontsujirisaryotsujiri/
■Instagram
https://www.instagram.com/giontsujirisaryotsujiri/

●祇園辻利について

sub3
祇園辻利の歴史は、1860年(萬延元年)、屋号を初代・辻利右衛門の名より「辻利」とし、宇治(現・京都府宇治市)にて宇治茶の製造と販売を開業したことに始まります。
のちに京都・祇園を礎とすることから、「祇園辻利」と改名いたしました。古くより不老長寿のために珍重されてきたお茶は、心身にゆとりと安らぎを与える一 服の贈りもの。お茶の豊かな味わいと愉しみをお届けすることで、人々の健やかな日々と日本の伝統文化の継承に貢献してまいります。

社名    株式会社祇園辻利
所在地   本社:京都市東山区小松町11-5
      本店:京都市東山区祇園町南側573-3
代表者   代表取締役三好正晃
事業内容  宇治茶・抹茶菓子販売
webサイト www.giontsujiri.co.jp


※本プレスリリースに記載されている内容は発表時点の情報です。
予告なしに予定が変更となる場合もあります。あらかじめご了承ください。


(PR)★デパなび運営会社 オリジナルLINEスタンプ販売中!
https://store.line.me/stickershop/author/18205