2018/04/03  12:00

久月『今年の期待大将』

そごう横浜店

メジャーリーグ開幕直前!将棋・新旧の超天才達に期待!
端午の節句に向け、国民の期待を込めて制作!

2018年度版 久月『今年の期待大将』
①野球『大谷翔平』②将棋『羽生善治×藤井聡太』
そごう横浜店で特別展示公開

■日時:2018年3月30日(金)~4月5日(木)
■場所:そごう横浜店 8階 五月人形特設会場


「男の子の成長と幸せを願い、厄祓いを行う風習」である「端午の節句」まであと約 1カ月余り。
そごう横浜店では、約100点の商品を集積し、8階特設会場にて五月人形販売会を開催中です。その五月人形販売会が盛り上がる中、今年活躍が期待される人物をモチーフに、株式会社久月が2組3名を五月人形で制作した「今年の期待大将」が、3月30日(金)より7日間、そごう横浜店の会場内にて特別展示されます。
※制作は1点に限定し、非売品です。

久月 期待大将

★今年の「期待大将」とは?
株式会社久月が端午の節句を迎えるにあたり「そのモチーフになった人が活躍し世の中を明るくさせてほしい、国民に感動と元気を!」という願いを込めて制作した五月人形。
第6回目となる今年は、メジャーリーグに挑戦する「大谷翔平選手」と、前人未踏の記録を作り、空前の将棋ブームの立役者となった「羽生善治竜王×藤井聡太六段」の2組3体を活躍する様、願いを込めて制作しました。



【2018年 期待大将テーマ】

■「メジャーで翔け!」期待大将  大谷翔平(野球)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
プロ野球では非常に珍しい投手と打者を共に本格的に行う二刀流のプレースタイルで大活躍をし、2017年12月にメジャーリーグ・アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム「ロサンゼルス・エンゼルス」と契約。
メジャーでも代名詞である「二刀流」で、翔いてほしいと期待を込めて制作しました。


■「盛り上げろ!超天才達!」期待大将  羽生善治(将棋)×藤井聡太(将棋)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
史上最年少のプロデビュー後、前人未踏の29連勝で社会現象を巻き起こした天才「藤井聡太」と、永世七冠の偉業を達成し、2月13日に棋士として初の国民栄誉賞を受賞した天才「羽生善治」の両名が、2月17日に初の公式戦で若き天才・藤井五段が勝利し、最年少15歳6カ月で六段昇段を果たし、大きな話題となりました。
これからも超天才達により、将棋人気を盛り上げてほしい期待を込めて両名を選出いたしました。



【参考資料】


■大谷翔平(野球) 略歴
1994年生まれ、岩手県出身。メジャーリーグ「ロサンゼルス・エンゼルス」所属。
2012年に日本ハムからドラフト1位指名を受け入団。2014年には日本プロ野球史上初となる「2桁勝利・2桁本塁打」(11勝、10本塁打)を達成し、翌2015年には最優秀防御率、最多勝利、最高勝率の投手三冠を獲得。翌2016年には、日本プロ野球史上初の「2桁勝利・100安打・20本塁打」を達成。 投打両方で主力としてチームのリーグ優勝と日本一に貢献し、日本プロ野球史上初となる投手と指名打者の2部門でのベストナインの選出に加え、リーグMVPに選出された。また、球速 160km/hの日本のアマチュア野球最速投球記録、更に165km/hの日本プロ野球最速投球記録保持者である。


■羽生善治(将棋) 略歴
1970年生まれ、埼玉県出身、東京育ち。段位:九段。
1996年2月14日、将棋界で初の7タイトル独占(1996年当時のタイトル数は7)を達成し、2017年12月5日、初の永世七冠(永世竜王、十九世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖)を達成。さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、合計8つの永世称号の保持は史上初となる。中学3年生でデビューして以来、誰もが知る天才トップ棋士として今もなお進化し続けている。


■藤井聡太(将棋) 略歴
2002年生まれ、愛知県出身。段位:六段。
2016年10月1日、史上最年少の14歳2カ月でプロ棋士に合格(62年ぶりに更新)。 プロデビュー後、公式戦連勝を重ね、2017年7月2日の竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気5段に敗れるまで前人未到の29連勝を飾り、歴代最多連勝記録を30年ぶりに更新した。人気振りを表した「藤井フィーバー」は新語・流行語大賞にもノミネートされ、将棋ブームの立役者となった。先日行われた朝日杯将棋オープン戦では優勝を飾り、一般棋戦優勝、全棋士参加棋戦優勝、六段昇段の3つの最年少記録を更新した。さらに、2017年度将棋大賞の4部門独占を果たす事が連盟から発表された。