2018/04/10  12:00

「考える力」を身につけるボードゲームに注目

そごう横浜店

春休みは三世代でプログラミング学習

「考える力」を身につけるボードゲームに注目

プログラミング教育関連玩具販売展開中

■そごう横浜店8階=玩具売場


私たちの生活に欠かせないデジタル技術のさらなる進化へ向けて、2020年には小学生でのプログラミング教育が必修化されることが発表されています。そごう横浜店では、デジタル社会の未来を担う子供たちが楽しみながら柔軟な思考力を養うことができるボードゲームを展開。プログラミングに重要なスキルに合わせたゲームをそろえ、プログラミング教育へ向けてのサポートに力を入れます。楽しめるのは子どもだけではありません。ボードゲームの対象年齢は99歳まで。衰えを感じがちな大人の脳の活性化にも役立ちます。スマートフォンゲームでは味わえない、ボードゲームの楽しさを、子ども、親、祖父母の三世代全員で、共有することができます。



<商品例>

カタミノ


<カタミノ>
~空間認識力を身につける~
スペース内にブロックを収納していくゲーム

■対象年齢:3~99歳 
■価格:6,048円


コリドール・キッズ


<コリドール・キッズ>
~論理的に課題を解決~
ネズミの向かいにあるチーズを早く食べた人の勝ち

■対象年齢:5~99歳
■価格:5,616円


ラッシュアワー


<ラッシュアワー>
~プログラミング思考を育む~
駐車場から自分の車を脱出させるゲーム

■対象年齢:8~99歳
■価格:3,996円


グラビティ・メイズ


<グラビティ・メイズ>
~プログラミング思考を実践~
指定のタワー迷路を完成させ、球をゴールへ導く

■対象年齢:8~99歳
■価格:5,444円


※掲載画像はイメージ、全て税込価格です。