2018/03/20  16:00

「ドクターミカ エイチ ニューヨーク」

そごう横浜店

NYの足病医×そごう横浜店上級シューフィッター×浅草のオーダーシューズメーカー
3者コラボの「美・パンプス」が初登場

「ドクターミカ エイチ ニューヨーク」

2018年3月16日(金)
そごう横浜店 地下1階=婦人靴売場にてデビュー

180226_MW_051
そごう横浜店で支持されている「上級シューフィッター」と「オーダーシューズメーカー」のコラボパンプス。今年は、木型、インナーソールに更に踏み込んだパンプスを開発し、3月16日(金)より販売をスタートいたしました。
このパンプスは、ニューヨーク在住で、日本人だけでなくブロードウエイのダンサーの足など、多くのトラブルのある足を診ている日本人足病医・林美香先生と、そごう横浜店上級シューフィッター・林美樹、浅草のオーダーシューズメーカー・モーダコジマの小嶋隆行氏との3者コラボの開発商品となり、林美香先生が長年願っていた「足のお悩みを持つ人に、履きやすくてきれいなハイヒールづくりを!」という思いが形になったものです。
インナーソールにドクターの意見を取り入れた「美しい」シルエットのパンプスは、稀と言えるでしょう。
2年の年月を費やし、ようやくこの春、そごう横浜店でデビューです。

■ドクターミカ
「ドクターミカ エイチ ニューヨーク)」 1 足  39,960円 (カラー:5色)

定番のブラックパンプス、人気のシルキー(スエード)に加え、光の当たり方によって色が微妙に変化するオーロラエナメルなど5色を販売。

■「ドクターミカ」の特徴
・上級シューフィッターが監修した甲が薄く、幅が広い(開張足)現代女性の足に合わせた木型を作製
 (オリジナル木型)。前すべりが少なく、横幅はあるので小指が当たりにくい。また踵も現代女性に
 合わせ細く作製。
・足病医の林美香先生が考案した特殊なインソールを使用。横アーチを持ち上げ、足指が伸びるパットを
 使用。足指が伸びるパットはウオーキングシューズには使用されている例はあるが、パンプスでは稀。
 このインソールによって足が前にずれにくくなり履き心地も格段に向上。
・きめの細かい最高級のイタリアンカーフ(子牛)とソフト感覚のシープ(羊)革を使用。足当たりが
 やさしいにもかかわらず、しっかりしており、型崩れしにくい。
・7センチのピンヒールのため非常にエレガントで、履き口のカットもインポートシューズ(イタリア
 製)のように浅くしているので足が綺麗に見える。どんな服にも合いやすいラウンドトー。



【セミナー開催情報】

林美香足病科クリニック院長 林美香先生による
「足病医が語る、知って得する足と靴のここだけの話」


■日時:4月1日(日)・7日(土)・8日(日) 各日午後3時(各回30分)
■場所:そごう横浜店 地下1階=特設会場
ニューヨークで足専門のクリニックを開業している女性足病医の林美香先生が、
足のトラブルと靴の関係や、解決方法をわかりやすくお話いたします。
また林先生がプロデュースした綺麗で履きやすいハイヒールのご紹介もいたします。



<開発にかかわったメンバーの紹介>


dr_mika_hayashi
林 美香<はやし みか・米国足病医学会 公認専門医>
2008年10月にニューヨーク・マンハッタンでは日系初の足病専門医院「林美香足病科 クリニック」を開設。日本出身で現在はアメリカ国籍。
日本人だけでなくブロードウェイのダンサーの足など、多くのトラブルのある足の治療にあたっている。東京医科歯科大学病院皮膚科の高山かおる先生が主宰する一般社団法人「足育研究会」の顧問でもある。
※(「足育研究会」は足と靴に悩む方の駆け込み寺として2015年設立。医師やフットケア従事者、靴メーカー、小売など足と靴に関係ある人たちが集まり問題解決にあたっている。

林 美樹<はやし みき・ (株)そごう・西武社員>
そごう横浜店 婦人靴売場 上級シューフィッター。
売り場では日々靴と足に悩みを抱えるお客様に合う靴をお探しし、問題解決にあたっている。 2013年からお客さまの声を反映した脱げにくく痛くなりにくいハイヒールを取引先と共同開発し、多くのお客様の支持を得ている。
一般社団法人「足と靴と健康協議会」(シューフィッター資格を認定している団体)でシューフィッター養成講座の実技指導員としても活動。今回の開発では、自身もニューヨークへ渡り、美香先生の履きやすくてきれいなハイヒールづくりへの思いを目の当たりに。帰国後小島氏に話を持ちかけ、まずサンプルを作ることから開始し、実現へとつなげた。

小嶋 隆行<こじま たかゆき・モーダコジマ経営>
浅草のオーダーシューズメーカー、モーダコジマを経営。小嶋自身は型紙職人・デザイナーとして浅草の職人の中でも腕ききとして知られている。
基本的に木型は木型メーカー「トミズカ」の梅宮敬正氏と、靴の底付けは僚友の渡部氏とコラボし、ハイヒールのオーダーシューズを手作りで生産している。