2016/03/01  12:00

日本第1号店「モワナ ブティック」 西武池袋本店にオープン

西武池袋本店

そごう・西武は、3月2日(水)に、フランス最古のトランクメゾン「MOYNAT(モワナ)」を日本で初めて、西武池袋本店にブティック(常設店舗)としてオープンいたします。モワナは1849年、女性実業家ポーリーヌ・モワナによってパリで創業され、高級レザーブランドの地位を確立しています。
ウィメンズ&メンズのレザーグッズやトランクはもちろんのこと、アクセサリーまで、幅広いアイテムを取り揃えました。
また、日本第1号店を祝う西武池袋本店限定バッグも登場いたします。
★ショップイメージ

ショップイメージ
MOYNAT オープン概要
■オープン日:2016 年3 月2 日(水)
■場所:西武池袋本店 1 階北ゾーン
■展開アイテム:バッグ、スモールレザーグッズ等

西武池袋本店限定「フルール」

★フルール2点
モワナ アーティスティックディレクター、ラメッシュ・ナイール氏がモダンでフレッシュな春の祝宴をインスピレーション源として作られた新作バッグです。*価格はすべて税込です。

ナチュラルカーフスキン(左) 4 色展開:388,800 円
キャンバス×ナチュラルカーフスキン(右) 3 色展開:216,000 円

MOYNAT THE HISTORY

公式ホームページ:http://moynat.com/jp/
ポーリーヌ・モワナは先見の明のある女性で、唯一の女性のトランク職人であり、他の有名トランクメゾンに2、3年先駆けて1849年にモワナを設立しました。そして、瞬く間に当時のフレンチレザーグッズやトランクメゾンの中でもひと際パリらしい個性を放つメゾンを築き上げました。設立当時は社会的、文化的変化の過渡期であり、モワナはさまざまな改革の先駆者でありました。そして、1867年から国際的なエキシビジョンに参加することになったのです。モワナは、初のウォータープルーフトランクをはじめ数多くの特許も取得しています。1854年に製作したインドネシア産のゴム ”グッタぺルカ” でコーティングしたキャンバス、1870年の軽量の “イングリッシュトランク” 、そして初の“コフルフォール(金庫)” トランクなどです。自動車旅行のパイオニアとして、モワナは車に積み込むことができ、またその車の色にもマッチしたカスタムメイドのトランクの製造にも特化していました。中でも最も有名なのがリムジントランクです。車体の屋根部分にフィットするようにカーブを描くデザインで1902年に特許権を取得し、他では真似することができません。