2016/06/20  12:00

西武渋谷店で34,000人が並んで観た美術作家 アクリル樹脂に、金魚の美しさと狂気を描く

西武池袋本店

■開催期間:6月22日(水)~29日(水) 
■開催場所:西武池袋本店

深堀隆介 新刊作品集「金魚ノ歌」発売記念展

金魚ノ歌
5月に西武渋谷店で開催された「金魚養画場~鱗の向こう側~」は、来場客数34,000人以上を動員。
池袋本店では、金魚をテーマにした樹脂作品などで絶大な人気を博す深堀隆介氏の新刊作品集「金魚ノ歌」発売を記念した展覧会を6月22日(水)より開催します。会場では、深堀氏の映像や、金魚の美しい絵画・立体作品を展示し、新刊「金魚ノ歌」を販売します。
作品を通じて、金魚の美しさと狂気が同居する深堀隆介氏の金魚ワールドを体感いただけます。
fukahori_01
深堀隆介 新刊作品集「金魚ノ歌」発売記念展
■会期:2016年6月22日(水)~29日(水)
■会場:6階=アート・ギャラリー ※6月29日(水)は当会場のみ午後4時閉場
■展示作品数:10余点 ■入場無料
6階=ビーマイギフトにて関連グッズ(クリアケース、ポストカードなど)コーナーを開設し展示販売いたします。

左画像:「志多影」/2014年制作 シダ文蓋物ガラス、超難黄変エポキシ樹脂、アクリル絵具
サイズ:縦9.8×横9.8×高さ5.8cm

作家紹介
深堀 隆介(ふかほり りゅうすけ) 美術作家 1973年 愛知県生まれ。 1995年 愛知県立芸術大学美術学部デザイン専攻学科卒業。神奈川県在住。 2000年 スランプ時に、7年間飼っていた金魚に初めて魅了され、制作にとりかかる。これを作家は“金魚救い”と呼ぶ。 2002年 器の中に樹脂を流し込み、その上に直接金魚を描くというオリジナルの技法をあみ出し、作品を発表する 2007年 横浜にアトリエ「金魚養画場」を開設。 2011年 西武渋谷店にて個展「金魚養画場」を開催。 2012年 西武池袋本店に巡回して来場客が並ぶなど好評を博す。以降、NYやロンドン、ミュンヘンなど世界各地で個展を開催。 2016年 5月西武渋谷店で開催された「深堀隆介回顧展 金魚養画場 -鱗の向こう側- 」では34,000人以上の来場を記録。