2016/04/19  12:00

愛猫家でなくても楽しめる、世界の名画が猫に染まる!「CAT ART(キャット アート)美術館」

西武渋谷店

■開催期間:4月19日(火)~5月8日(日) ※最終日は午後17時閉場 
■開催場所:西武渋谷店 A館7階=特設会場
西武渋谷店では、ゴールデンウィーク期間中のお楽しみとして、今話題の「CAT ART(キャット アート)美術館」を開催します。
美術の教科書やミュージアムで観たことのある、世界の名画をモチーフに、SHU YAMAMOTO(シュー・ヤマモト)氏が描く「キャット アート」は、国内だけでなくアメリカでも高く評価されています。

またたび拾い
「またたび拾い」
©Shu Yamamoto/APPLE FARM INC.
本展は、西武池袋本店などでも開催し大好評の巡回企画ですが、今回初めてミュシャのステンドグラス作品をプレクシグラスで作成した「プラハ聖ニャート大聖堂」を含むミャーシャ(ミュシャ)の新作4点が展示されるほか、物販では、フェルネーコ(フェルメール)の新作版画が登場します。美術史に沿って展覧いただくことができるほか、「ニャンクの叫び」などの作品とともに撮影できるフォトスポットも登場する予定です。
愛猫家のみならず、多くの人々に笑顔と癒しをお届けする展覧会です。
桜草
「桜草」
羽ペン
「羽ペン」
【開催概要】
■会期:4月19日(火)~5月8日(日)
※最終日は午後17時閉場
■会場:西武渋谷店 A館7階=特設会場
■入場料:一般・大学生 500円 高校生以下 無料
■主催:CAT ART美術館実行委員会 ■特別協力:講談社 ■企画制作:株式会社アップルファーム
■内容:作品展示数約70点 ※以下一例

初公開のミャーシャ(ミュシャ)
◆展示室 Ⅰ:古代・中世
洞窟に描かれた壁画 ギリシャ猫神話 アノルフィニ猫夫妻の結婚 など
◆展示室 Ⅱ:ルネッサンス(ニャネッサンス)
レオニャルド・ニャ・ヴィンチ(ダ・ヴィンチ)/モニャ・リザ、三毛ランジェロ(ミケランジェロ)
◆展示室 Ⅲ:バロック
フェルネーコ(フェルメール)/真珠のイヤリングをした少女猫、ニャンブラント(レンブラント)
◆展示室 Ⅳ:新古典主義(ニャオクラシック)とロマン主義
ジャック・ルイ・ニャビッド(ダビッド)、ドミニク・ニャングル(アングル)など
◆展示室 Ⅴ:写実主義 提唱者のイークベ(クールベ) 、ファミー(ミレー)など
◆展示室 Ⅵ:印象派とその時代
マネコ(マネ)、ドラ(ドガ)、ミャネ(モネ)、ネコアール(ルノワール)、ゴーニャン(ゴーギャン)、ミャーシャ(ミュシャ)など
◆展示室 Ⅶ:20世紀美術
ピキャット(ピカソ)、クニャムト(クリムト)、モジリアニャ(モジリアニ)、ダリダッケ(ダリ)など
◆展示室 Ⅷ:日本 歌川猫重(広重)、 喜多川猫麿(歌麿)/七五三子猫寶合など
◆Museum Shop キャンバスレプリカや、書籍、オリジナルグッズなど。

作家 Shu Yamamoto氏サイン会
4月23日(土)、24日(日) 午後2時~、午後4時~
※当日会場にて1,080円以上お買い上げお客様に各回先着100名様にサインします。
モニャ・リザ
「モニャ・リザ」
真珠のイヤリングをした少女猫
「真珠のイヤリングをした少女猫」
天文学者
「天文学者」
【SHU YAMAMOTO(シュー・ヤマモト) プロフィール】
1948年横浜市生まれ。大学卒業後、カナダに移住しイラストレーターの仕事に従事。
2007年、古今東西の有名絵画の猫バージョンを描き始める。現在、ユタ州ソレトレーク市郊外在住。