2018/03/19  16:00

シュラスコで肉祭

たけ

バルバッコアでシュラスコ料理を食べて来ました!


お久しぶりです!

少し前まで雪が降る日もあったというのに、先週なんて日中の最高気温が20度越えましたよ。暑い。
誰よりも半袖デビューの早い、暑がりのたけです。←勿論デビュ―済

お肉食べないと体力がもたないよ・・・という事で、シュラスコで有名なバルバッコア心斎橋店にランチで行って来ました。
IMG_8512
旧ソニープラザビルの8Fにあります。

シュラスコとは・・・ブラジルの肉料理で、金串に大きな肉のかたまりを刺し、塩をふって炭火で焼いた物。様々な部位の牛肉をはじめ、各種の肉を用いる。レストランではウェイターが串ごと客席に運び、目の前で食べたい量を切り分けるという供し方が一般的。アルゼンチンなど南米諸国で同様のものがある。
(出展=講談社)

比較的お値打ちなランチ(税別3,600円)ではありますが、ディナーはなかなかのお値段なので、夜に行くのはかなり勇気がいります。 (^ω^) < 詳しくはお店のHPにメニュー表がありますのでそちらで。。


IMG_8506
色んな部位が食べられます★(写真ボケボケですみません)

IMG_8509
IMG_8510
サラダバー。珍しい野菜もたくさんあって見てるだけでテンションあがります!

初めての方は席に着いたら店員さんから食べ方の説明などがありますが、私は何度か来ているので、混雑する前にまずはサラダバーのコーナーへ!!服が汚れない様に紙エプロンももらえます。

IMG_8511
IMG_8499
店内に木が・・・。
お肉をいただく前にまずはお野菜。


野菜をひと通り取り終わって席に着いたら、いよいよお肉です!!!!


席にはあらかじめプレートが一枚置いてあり(写真右下)、「緑→お肉どんどん持って来て!」、
「赤→もうストップ」
という意味で、お腹具合をみて自分でひっくり返します。
IMG_8505
金串にぶっ刺した様々なお肉を持っておにいさんがテーブルを回ってくれるので、食べたいお肉の時だけ「それください」という風に伝えます。豚肉や鶏肉・ウインナー・羊肉などもあるのですが、私は牛肉に専念したかったので牛以外はスルーさせて頂きました(‘ω’)ノ

IMG_8502
自分でトングを持ってお肉を受け取ります。

ちなみに写真のお肉は「ピッカーニャ(イチボ)」と呼ばれるお尻付近のお肉で、一番好きな部位です♪
柔らかくてジューシーで適度に脂身もあり、個人的にはお肉を一番感じられる部位だと思っています。

IMG_8500
↑受け取ったピッカーニャ。
照明が暗いのであまり美味しそうに見えないかもですが、素晴らしい赤身なんです。


付属のソースが2種類(和風or玉ねぎ系のさっぱりソース)があり、好みでお肉にかけていただきます。
お肉自体は既に塩胡椒で味付けはされているのですが、ちょっと味を変えたい時にイイ仕事をしてくれます♪
(場所により塩胡椒が効きすぎている場合もあるので、先に味を確認してからソースを試してくださいね)


他にも焼きパイナップルや焼きチーズもシュラスコとして回ってくるし、カレーやパン・ブラジル料理の総菜や自分で作るソフトクリームなどのデザート類、ドリンクも充実しているので、お肉でお腹がいっぱいになった後も別腹で楽しめます( *´艸`)


お金に余裕がある時や特別な時しか行けないけど、今年中にもう一度くらいは行きたいお店です\(^O^)/




■住所:〒542-0085大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-1-10 キュープラザ(Q PLAZA)心斎橋8F
■アクセス:地下鉄御堂筋線心斎橋駅 徒歩1分
■電話番号:TEL 06-6120-7020
■HP: http://barbacoa.jp/shinsaibashi/

都内に6店舗(青山、六本木、丸の内、新宿、高輪、渋谷)、大阪に2店舗(心斎橋、梅田)があります。 
※2018年3月現在