2016/09/14  12:00

2016 SHOES & FASHION ZAKKA 12BRANDS 12th CREATORS FAIR

そごう横浜店

■開催期間:9月13日(火)~9月19日(月・祝) 
■開催場所:そごう横浜店地下1階婦人靴売場/中央エスカレーター横 特設会場
シューズ&ファッションザッカ・クリエイターズフェアは、そごう横浜店婦人靴売場からはじまった期間限定フェアで、2011年秋にスタートして以来、春と秋の恒例企画として開催しています。
おかげさまで、この秋の開催で12回目のフェアとなりました。姉妹企画として夏と冬に行っているバッグ&革小物などのザッカクリエイターズフェアと合わせると、これまでに延べ130人を超すメイドインジャパン・クリエイターの斬新な商品をご紹介、販売しています。

12回目となる今回は、このフェアをきっかけに活躍の場を広げているクリエイターのほか、初登場の実力派クリエイターを加えた12組(ブランド)が出品、オリジナリティあふれる靴やバッグを期間限定で販売いたします。

■クリエーターズビレッジ21■
ミッシュ イメージ 1
◆Mishoe 木口充恵 実久直子 (きぐち みつえ じつひさ なおこ)
2004年から本格的に舞台靴製作を開始した女性二人の工房。シェイクスピア劇、オペラ、ミュージカルなどの靴を数多く製作、第1人者としての評価を確立している。
2011年からソフトで軽快なターンシューの製造販売をスタートし、その履き心地が圧倒的な支持を得ている。
アトリエ65 イメージ 1
◆atelier 65 久村かよ (ひさむら かよ)
2009年に「出かけるのが楽しくなる」をコンセプトにアトリエ65を立ち上げる。現在、上野に工房ショップを開設。豊富なサイズに加えて、足幅も選べるパンプスを展開し、歩きやすさと女性らしいデザインを兼ね備えた靴づくりを追求。ジュエリー感覚でマルチに使える革小物の販売も行う。
9.12
◆ASAKA 浅香弘次 (あさか ひろじ)
婦人靴デザイナーとして長く活躍。そのキャリアを活かし、2011年からミセス向けのハンドバッグの製作をスタート。上質な革の質感、風合いを大切に、軽く、ソフト、そして使い勝手の良いトートバッグや革小物を提供している。また一方で、独特な色柄のパッチワークシリーズを展開している。
■ニュークリエイターズ■
shoy’sイメージ 1
◆Shoy‘s closet 上川 美希 (かみかわ みき)
婦人靴企業のデザイナーを経て独立。現在、浅草ものづくり工房を拠点に、ハンドペイントレザーを用いたシューズ&バッグブランド「ショイズクローゼット」を展開。
心がなごみ、思わず微笑んでしまう-そんな独自の“モノ語り”世界を創作している。
eventailイメージ 1
◆eventail 扇 実 (おうぎ みのる)
浅草の婦人靴メーカーなどでキャリアを積んできた実力派クリエイター。完成の鋭さと技術を極める姿勢から生みだされたメイドインジャパンならではの“究極のハイヒール”が横浜デビュー。テーマはelegance evolution(エレガンス エヴォリュシオン)、要チェックです。
スミレ イメージ 1
◆SUMIRE 篠原すみれ (しのはら すみれ)
“秋の収穫祭”ぶどう、柿、りんご・・・・果物の皮を革で表現しているフルーツモチーフの靴を収穫、展示、販売します。大学卒業後、都内の靴工房シューワークショップで働きつつ、同社代表の末光宏氏に師事。ときめきと大人の遊び心を大切に、履く人・見る人に笑顔になってもらえる靴作りをテーマに活動中。