広告掲載規約


株式会社レベルフォー(以下、「当社」といいます)が運営するインターネット上のサイトwww.depanavi.jp(以下「本サイト」という)の広告スペース(タイアップ広告を含む)(以下、「広告枠」といいます)に広告を掲載する場合には、当社及び広告主は本規約の各条項に従うものとします。

第1 条(本規約の目的)

本規約は、広告主が広告枠に広告を掲載する際の基本的合意事項と諸条件とを明らかにし、当社と広告主との間の業務が円滑に執り行えるようにすることを目的とします。


第2条(定義)

本規約における主要な用語の定義は次の通りとします。

(1) 「広告主」とは、広告枠に広告を掲載する主体となるものをいう。
(2) 「リンク先」とは、広告枠に掲載された広告からリンク設定されるウェブサイトをいう。
(3) 「利用者」とは、本サイトへアクセスした者をいう。
(4) 「二次利用」とは、広告枠に掲載された広告の広告枠以外のウェブサイトにおける掲載又は印刷物等への化体もしくは複写等による利用をいう。
(5) 「クリック」とは、利用者が広告素材に対し何らかのリクエストを起こすことであり、広告を配信するサーバが利用者のリクエストに応じてリンク先のURLを配信する過程に入った時点でカウントされるものをいう。
(6) 「ページビュー(PV)とは、ブラウザのウィンドウ内にHTML形式等の文書を表示するために行う、利用者からのリクエスト数のことであり、ウィンドウの全体または一部を別のHTML形式等の文書に変更するために、利用者が自らの操作によりHTML形式等の文書を要求した時、広告サーバでカウントされるものいう。


第3条(広告掲載契約の成立)

1.広告主が広告掲載の意思を確認できる当社の定める書類または電子メールのいずれか(以下、掲載申込」といいます)を提出した時に本規約に同意のうえ、当社に広告の掲載を申し込んだものとします。
2.広告主は掲載申込を、掲載開始希望日の少なくとも14営業日前までに行うものとします。ただし、当社が特に認めた場合はこの限りではありません。
3.当社及び広告主間の広告掲載契約は、広告主からの掲載申込を当社が受理し、広告掲載を承諾した時に本規約及び掲載申込に記載された条件にて成立するものとします。なお、掲載申込を承諾するか否かについては当社が決定権を有するものとします。


第4条(広告掲載基準)

当社は次のいずれかに該当すると判断される広告については、これを掲載しないものとします。
(1) 法律、条例、条約などに違反する広告
(2) 責任の所在が不明確であると判断される広告
(3) 内容および、その目的が不明確な広告
(4) 名誉毀損、プライバシーの侵害、信用毀損、営業妨害となるおそれがある広告
(5) 広告内容とリンク先の内容が著しく異なる広告
(6) 公序良俗に反する表現内容がある、もしくはそのおそれとなる表現を含む広告
(7) 利用者に不快な思いをさせてしまう、もしくはそのような表現を含む広告
(8) インターネット特有の仕組みや不都合を利用し、利用者に困惑を与える広告
(9) 当社の同業他社が提供するサービスの広告
(10) その他、当社が不適当と判断した広告


第5条(広告の掲載料金)

1.広告主は、当社からの請求に基づき、掲載申込に記載された又は当社と別途合意した支払期日までに、広告料金全額を当社の指定する金融機関の口座に振込みにて支払うものとします。
なお、振込手数料は広告主の負担とします。
2.掲載申込に定める支払期日を過ぎても入金がなされていないと当社が判断した場合には、広告掲載契約の成立後であっても、当社は当該広告主が申し込んだ全ての広告の掲載を拒否又は中止できるものとします。


第6条(支払遅延の効果)

広告主は第5条に定める支払を行わない場合、その日数に応じて年利14.6%の遅延損害金を支払うものとします。


第7条(広告の入稿)

1.広告主は、当社が指定する日時までに当社が指定する形式・形態にて入稿を行うものとします。
2.広告主の故意、または過失によって前項に定める入稿が行われなかった場合、当社は広告掲載規約に基づく債務を履行する義務を免れるものとします。


第8条(広告の二次利用)

当社は本サービスの宣伝・普及または広告主と当社との相互利益のために、広告主の広告を本サービス以外の各種メディアにおいて自由に加工し、利用することができるものとします。


第9条(当社及び広告主の義務及び責任)

1.広告枠に掲載された広告の内容およびリンク先の内容に起因する異議・苦情等は全て、広告主の責任と負担で解決するものとします。また、当社は、広告主が広告又はリンク先において、利用者に対して販売した商品又は提供されたサービスについて一切責任を負いません。これらの商品・サービスに関し、苦情、クレーム、請求等が発生した場合は、広告主の責任と負担で解決するものとします。
2.万一、当社が広告主に対して損害賠償の責めに任ずる事態となった場合、原因の如何を問わず、その金額は広告主が当社に支払った広告料金を上限とします。
3.当社は、別段の合意がない限り、広告のページビュー数、クリック回数等についてなんら保証をしません。


第10条(広告掲載の中断)

1.当社は、以下の各号の事象が発生した場合には、申込者へ事前に通知することなく、一時的に本サイト上の広告掲載の全部又は一部を中断することがあります。
(1) 本サイトのシステムの定期的又は緊急のメンテナンスを行う場合
(2) 本サイトのリニューアルを行う場合
(3) 天災地変、通信事業者によるサービス停止・中断、通信回線の障害、第三者によるハッキングやクラッキング等不正アクセス、その他当社の責めに帰すことのできない事由による場合
(4) その他当社が本サイトの一時的な中断が必要と判断した場合
2.前項の場合において、本サイト内の広告枠に広告が掲載できない場合又は掲載された広告からリンク先への接続ができない場合等広告掲載契約における当社の義務を履行できない事象が生じた場合、かかる事象が生じた場合における当社の義務は、可能な限り当該事象を治癒するよう努めることに限定されるものとします。
3.第1項に定める場合において、当社の広告主に対する広告掲載契約上の債務の履行不能又は不完全履行の事象が生じた場合であっても、当社に故意又は重大な過失があることが明らかである場合を除き、当社は、当該事象に起因する広告主の損害について免責されるものとします。


第11条(契約の解除)

1.当社は、広告主が以下の各号のいずれかに該当した場合、本契約を直ちに解除することができるものとします。
(1) 本契約のいずれかの規定に違反した場合
(2) 破産、民事再生手続開始、会社整理開始、会社更生手続開始、特別清算申立、特定調停申立、あるいはこれらのための保全手続の申立がなされあるいは受けた場合
(3) 自己振出の手形または小切手が不渡りとなった場合
(4) 公租公課の滞納処分を受けた場合
(5) その他、任意整理の通知を発する等、信用状態に重大な不安が生じたと判断される場合、もしくは将来において生じると判断される場合
2.前項の規定に従い、当社が本契約の全部または一部を解除した場合でも、支払われた広告料金を返却しないものとします。


第12条(機密保持)

1.当社および広告主は、本契約に基づき相手方より開示を受けた業務情報、ならびに貸与を受けた業務資料のうち、機密性を有するもの(以下、「機密情報」という)につき、善良なる管理者の注意をもって管理し、本契約の目的以外の使用、譲渡等の処分を行ってはならず、また相手方の書面による同意を得ることなしに第三者に開示漏洩してはならないものとする。但し、以下の場合はこの限りではない。
(1) 取得したときに既に公知、公用となっているもの
(2) 取得した後に当該情報の取得者の責によることなく公知、公用となったもの
(3) 取得する以前に当該情報の取得者が既に知得していたことを証明できるもの
(4) 正当な権利を有する第三者より開示を受けていたことを証明できるもの
(5) 機密情報によることなく、独自に開発したことを証明できるもの
2.本条の規定は、本契約終了後も、終了事由の如何にも拘らず有効に存続するものとする。


第12条(規約の変更)

当社は本規約を何らの予告なしに変更することができるものとします。


第13条(紛争の解決)

1.本規約の条項の解釈、または本サービスの利用契約に疑義が生じた場合、さらに本規約に定めのない事項について紛議などが生じた場合、双方誠意をもって協議するなど、円満に解決するものとします。
2.本規約に関する準拠法は日本国法とします。
3、本サイトの利用契約に関し紛争が生じた場合には、当社の所在地を管轄する裁判所を第一審の専属裁判所とします。


附則
平成26年12月18日 施行